わん太のパソコン

utiwa 08-07-30

ウチワをつくる

パソコンを使って作る「つくってみよう」の第1弾として、夏に欠かせないウチワを取り上げてみました。
家電量販店さんなどで市販されている、パソコンでつくるウチワキットを使って作ってみます。夏休みに親子で作っても楽しそうです。
このページは、下のエレコム製を例に作っていますが、サンワサプライなどの同種の商品でも似たように作成できると思います。また、標準(大)以外にもサイズはいろいろあるので、お店で確認してみるといいでしょう。

ELECOM 手作りうちわキット 標準サイズ ホワイト EJP-UWLWH
ELECOM 手作りうちわキット 標準サイズ ホワイト EJP-UWLWH

うちわキットの中身を確認

パソコンでつくる市販の「うちわキット」は、下の写真のようになっています。
ウチワの骨組み(プラスチック製)と、A4サイズのウチワ型のシール式のラベル用紙が2枚です。この他に、テスト用のA4サイズ用紙が2枚入っています。

うちわキットの中身

上の写真ではわかりにくいですが、A4サイズの用紙がうちわ型にカットしてあり、プリント後に剥がして使います。下の絵のようなイメージです(実際には、用紙には実線はついていません。テストプリント用紙には実線がついています)。

デザインをしてプリントする

ウチワ型ラベルの枠内にプリントするデザインを考えましょう。
ペイントソフトやワードなどのワープロソフトで、A4サイズにデザインします。
イラストや写真、文字の配置は、ウチワ型の枠内に収まるように。そして、背景は枠内よりややはみ出るくらいの方が、プリント時の多少のズレにも影響を受けにくいでしょう。
ウチワは本来は季節を少し先取りして、秋を感じさせるデザインにすることが多いのですが、あまりこだわらずに思いっきり夏らしくしても大丈夫。

参考デザイン PDFファイル

参考までにイラスト描いてPDFファイルにしてみました。
このイラストファイルをそのままご利用いただくこともできます。開いてからコピーを保存して、プリントしてご利用ください。

このファイルとプリントすると、下の写真のようになります。
プリント時にはラベル用紙の左右を間違いないように、必ずテストプリント用紙を使って確認をしましょう。

ウチワの骨組みに貼り付ける

ウチワのラベル用紙にきちんとプリントできれば、あとはラベル用紙をはがして骨組みに貼るだけです。

しかし!この骨組みに貼り付ける作業が結構難しいのです。
ラベル裏の粘着力は結構強いので、貼り付けた後はやり直しが出来ません
コツとしては、一番下を骨組みとしっかり合わせるようにしてから、全体を貼るときれいに仕上がるようです。上下左右が多少ズレても気にしないことも大事。手作り感があっていいものです。
下の写真は、ウチワラベルを1枚(片面)だけ貼り付けたところ(裏側から見た写真)です。

両面にラベルを貼って完成!

出来上がりました。
ウチワラベルは適度に光沢がある用紙なので、出来上がりは市販のウチワと遜色ない感じです。
世界でたった一つの、あなただけのオリジナルウチワを作ってみてはいかがでしょうか?


トップページに戻る

作ってみよう