わん太のパソコン

OpenOffice.org

オープンオフィス ドット オルグ 初めての方用ページ

OpenOffice.org 3.0

動作OS [ Windows Vista/2003/XP/2000 ]

2008年秋に新バージョンの3.0が登場した、マイクロソフト社のMicrosoft Office(通称MSオフィス)と互換性のある無料のオフィスソフトのオープンオフィスを、初めて使ってみる方にインストールの手順を実際の画面を使って簡単に解説しています。
オープンオフィスの内容については、こちらの紹介ページをどうぞ。
ダウンロードはこちら↓

openoffice


インストール手順

オープンオフィスをダウンロードしたら、インストールして使える状態にしましょう。ここからは簡単に手順をご紹介していきます。あらかじめ旧バージョンを削除する必要はありません(インストール手順の途中で、古いバージョンの削除機能があります)。

ファイルを展開

ダウンロードしたオープンオフィスのファイルをダブルクリックします。「ありがとうございます」などの表示が出るので、そのまま次へを選択。
出力先フォルダの画面が出ますが、通常はそのまま展開を選択します。


セットアップの種類

次にセットアップの種類の画面が登場しますが、通常はすべてを選択しましょう。特定のソフトだけをインストールしたい方はカスタムで選ぶことができます。
出力先フォルダの画面が出ますが、通常はそのまま展開を選択します。


古いバージョンの削除

次のインストールの準備完了画面で、古い製品バージョンをすべて削除をするのか選択できます。従来のバージョン2などを使用していた方は、この欄にチェック入れて、インストールを選択します。


インストール検証

インストールとインストールの検証には少し時間がかかりますが、遅いからといって何かの操作などはせずにじっくりと待ちましょう。


インストール完了

下のような画面が出れば正常にインストールが完了です。

インストール完了画面


はじめての起動

インストールが正常に完了したら、実際にオープンオフィスを起動させて使用できますが、最初に起動した時には、ようこその画面が表示されます。
ここで、各種の設定や登録などができますが、わからなければ特に設定をする必要ありません。

はじめて起動のようこそ画面


旧バージョンから使っている方は個人データの移行のみをしておくといいでしょう。

個人データの移行

使用のポイント

登録などは特にしなくても使えますが、興味があれば登録に協力してみるといいでしょう。
初回起動の画面が修了したら、あとは好きなソフトを起動させて使うことができます。
当サイトでも、オープンオフィス関連に以下のようなページがありますので、あわせてご覧いただき、仕事や日常作業にお役立てください。


トップに戻る

オフィスソフト