わん太のパソコン

openpost

Openpost オープンオフィスで年賀状作成

年賀状の文面はどんなソフトでも作成できますが、ここでは無料のオフィスソフトOpenofficeのWriter(ワープロソフト)を使って、年賀状の文面を作ってみましょう。

オープンオフィスのダウンロード説明については、こちらのオープンオフィスをご覧ください。

ハガキサイズに設定

まずオープンオフィスのワープロソフト、Writer(ライター)を起動させます。
初期設定ではページはA4サイズですから、ハガキサイズに設定しましょう。

ツールバーの書式ページ

書式からページ、ハガキサイズに

幅を10.00センチに、高さを14.80センチにそれぞれ数値入力します。
また、余白はすべて0.00センチにします。

ハガキサイズ設定

余白を0.00にすると、以下のような印刷範囲外を注意する画面がでますが、無視してはいを選択します(プリンタでフチなし印刷を選択するので、問題ありません)。

余白設定

画像などを入れる

ページの設定ができたら、年賀状用のイラストやテンプレート、写真などの画像をいれましょう。
今回はハガキサイズのテンプレートを入れてみます。各種の素材配布サイトや、市販されている年賀状用のCD-ROM付属の本などから、あからじめテンプレートなどを用意しておきましょう。
挿入画像ファイルからを選択して、マイピクチャやピクチャなどに入れているテンプレートを選択します。

画像を挿入

文字入れをして出来上がり

テンプレートを入れたら、文字入れをします。
画面下方のツールバーの縦書きのテキストのボックスを使うと便利です(このツールバーが表示されていない場合は、画面上の表示ツールバー図形描画を選択すると表示されます)。

縦書きテキストのボックスを利用

マウスの左ボタンを押し続けながら、好きな大きさの縦書きテキストボックスをつくります。あとは中に文字をキーボードで書き込むだけです。
もちろん、フォントの種類や大きさ、そして縦書きテキストボックスの大きさや位置も自由に変えられます。

縦書きテキストボックスに文字入力

こんな感じになれば出来上がりです。あとは試しプリントをしてから、年賀ハガキにプリントしましょう。
プリントのコツなどは、こちらの文面(裏面)の年賀状プリントのコツをご覧ください。

出来上がり見本

特に難しい操作をしなくても、簡単にイラストや写真、テンプレートなどを配置できます。使い方はだいたいワードと似ているので、現在使用しているパソコンにワードが入っていない方にもおすすめです。


トップに戻る

ハガキ・年賀状

年賀状素材集

クリスマス素材集